文化遺産オンライン

太山寺本堂

たいさんじほんどう

概要

太山寺本堂

たいさんじほんどう

宗教建築 / 鎌倉 / 中国・四国 / 愛媛県

愛媛県

鎌倉後期/1305

桁行七間、梁間九間、一重、入母屋造、本瓦葺

1棟

愛媛県松山市太山寺町

重文指定年月日:19040829
国宝指定年月日:19560628

太山寺

国宝

太山寺は真言宗寺院で、草創が不明だが、本尊等は平安時代の作である。本堂は蟇股の墨書銘より、嘉元3年(1305)の建立と判る。中世には全国各地にこうした床張の仏堂が数多く建てられたが、この本堂は内陣を二重の外陣・脇陣・後陣で囲んだ雄大な規模を持ち、内陣の厨子も含め、和様でまとめられた意匠も優秀である。

太山寺本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本堂 / / 仏堂 / ほんどう

関連作品

チェックした関連作品の検索