毘沙門堂 びしゃもんどう

宗教建築 / 室町 / 東北 

岩手県
室町後期/1467-1572
桁行三間、梁間三間、一重、寄棟造、向拝一間、鉄板葺
1棟
岩手県花巻市東和町北成島
重文指定年月日:19900911
国宝指定年月日:
毘沙門堂
重要文化財

毘沙門堂の創建、沿革については明らかでないが、堂内に祭られていた兜跋毘沙門天立像(重要文化財)は十世紀の作とされる木造の巨像であり、これによって、この堂の由緒の古さが知られる。
 建物は寄棟造のやや大型の三間堂で、柱が太く堂々とした造りになる。細部の形も室町時代のおおらかな様式を示していて、岩手県下の中世仏堂の数少ない遺構として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

毘沙門堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勝福寺観音堂
武並神社本殿
飯盛寺本堂
福生寺観音堂
財賀寺 本堂内厨子
ページトップへ