文化遺産オンライン

竜禅寺三仏堂

りゅうぜんじさんぶつどう

作品概要

竜禅寺三仏堂

りゅうぜんじさんぶつどう

宗教建築 / 室町 / 関東

茨城県

室町後期/1569以前

桁行三間、梁間四間、一重、両側面及び背面もこし付、寄棟造、茅葺、もこし板葺

1棟

茨城県取手市大字米ノ井

重文指定年月日:19760520
国宝指定年月日:

竜禅寺

重要文化財

両側面と背面にもこしを付けた茅葺の三間堂(現在は軒支柱を立て、新しい建具を入れているので外観が損われている)。 禅宗様に和様を加えた様式からなり、地方色が濃厚。部材の保存がきわめてよく、かつ、旧痕跡が明瞭なので、当初の状態がよくわかる。関東地方における中世~近世の建築の流れを知るうえに貴重。天台宗に属し、釈迦、弥陀、弥勒の三尊を祀る。

竜禅寺三仏堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

仏堂 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索