Matsuojihondo

松尾寺本堂

Details

Matsuojihondo

松尾寺本堂

宗教建築 / 室町 / 中部

長野県

室町後期/1528

桁行三間、梁間三間、一重、寄棟造、銅板葺

1棟

長野県安曇野市穂高有明

重文指定年月日:19590627
国宝指定年月日:

松尾寺

重要文化財

本堂は大永六年(一五二六)の建立といわれており、様式手法からみても室町末期と考えられる。 規模は方三間で、縁先に軒支柱をたてている。 手法は簡素で、様式には地方色が濃厚にみえる。 安曇地方に残る仁科氏文化の遺物として重要である。

Related Works

Search items related to work chosen