文化遺産オンライン

石堂寺 本堂

いしどうじ ほんどう

作品概要

石堂寺 本堂

いしどうじ ほんどう

宗教建築 / 室町 / 関東

千葉県

室町後期/1513頃

桁行四間、梁間三間、一重、寄棟造、妻入、茅葺形銅版葺

1棟

千葉県南房総市石堂

重文指定年月日:19160524
国宝指定年月日:

石堂寺

重要文化財

石堂寺は、行基が開創したと伝える天台宗寺院である。
 多宝塔は、天文十七年(一五四八)の建築で、細部の意匠や全体の構成が整っている。関東地方に残る数少ない中世の多宝塔として貴重である。

石堂寺 本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本堂 / / 一重 /

関連作品

チェックした関連作品の検索