宮澤家住宅門柱・石塀・屋根塀 みやざわけじゅうたくもんちゅう・いしべい・やねべい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 中部 

長野県
大正/1920頃
石造塀,木造屋根塀からなる,総延長90m,石造門柱附属
1棟
長野県安曇野市三郷明盛3042
登録年月日:19980902
宮澤保全有限会社
登録有形文化財(建造物)

屋敷地の東面から南面を囲う塀及び門柱で,石造の門及び塀は主屋再建時に改築されたもの。表門は親柱のみで大柄の御影石切石を3段重ね頭部に球状の飾りを置く洒落た造形になる。石塀は,敷地南面で標準的な屋根塀と接続し,ともに屋敷構えを整えている。

作品所在地の地図

関連リンク

宮澤家住宅門柱・石塀・屋根塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮澤家住宅腕木門
宮澤家住宅冠木門
宮澤家住宅納屋・旧鶏小屋
旧持永家住宅門及び石塀
日高家住宅門及び塀
ページトップへ