大入鑿 おいれのみ

その他 / 昭和以降 / 大阪府 

松原善作(三代) (不明)
まつばらぜんさく
大阪府
昭和時代

初代善作の長男が二代を継ぎ、二代の弟が三代を継いだ。大正の始めより昭和20年代にかけて製作を行った。その鑿の切れ味は抜群で、柔らかい吉野杉を削って見事に切れたという。また地金に渦目を鍛える卓越した技を持っていた。昭和28年頃所在不明となってから「幻の善作」と呼ばれるようになった。

作品所在地の地図

関連リンク

大入鑿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

江戸熊の鑿
江戸熊の鑿

千代鶴是秀

黒楽茶碗(青山)〈道入作/〉
菊雲鶴文食籠
菊雲鶴文食籠

三代金城一国斎

雛段飾り(鍋島栄子所用)
太刀 銘友成作
ページトップへ