神魂神社本殿 かもすじんじゃほんでん

宗教建築 / 安土・桃山 / 中国・四国 

島根県
桃山/1583
大社造、とち葺
1棟
島根県松江市大庭町
重文指定年月日:19000407
国宝指定年月日:19520329
神魂神社
国宝

神魂神社のある大庭という土地は、古く出雲国造の住んだところであった。この神社の本殿は天正11年(1583)の再建であって、出雲国(島根県東半部)にのみ分布する大社造のなかの最古の遺構である。出雲大社本殿によく似ているが、梁行に対して桁行がやや長く、また規模に比して柱が太く、大社造の古い形式を伝えるものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

神魂神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

美保神社本殿
佐太神社 正中殿
出雲大社 摂社神魂伊能知比売神社本殿
出雲大社 摂社神魂御子神社本殿
佐太神社 南殿
ページトップへ