双羊尊 そうようそん

金属製品類 / 殷(商) / 中国 

中国
殷時代
青銅
高45.4㎝ 口径14.9~18.4㎝
一個
東京都港区南青山6-5-62
根津美術館
重要文化財

背中合わせに2匹の羊を合体させ、口の開いた器を背に載せているような姿の尊である。尊とは、酒を供える盛酒器である。羊が背負っている器の胴には、大きく目を見開いた饕餮(とうてつ)のようにみえる獣面があらわされ、神前に供する器としての威厳を備えている。それを支える羊の身体は鱗(うろこ)状の文様で覆われ、脚の付け根には龍がとぐろを巻くなど、器表が隈無く文様でうめられている。ロンドンの大英博物館所蔵の双羊尊と本作のほか、同形の遺例はない。

作品所在地の地図

関連リンク

双羊尊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

饕餮獣文方形盉 
饕餮文尊 
饕餮文方彝 
饕餮〓竜文尊〈図形文字一/〉
饕餮文方〓〈文字一/〉
ページトップへ