如来立像 にょらいりゅうぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 / 奈良県 

朝鮮半島・統一新羅時代 8世紀
銅造 鍍金
総高23.6
1躯

 統一新羅期の金銅仏(こんどうぶつ)の典型的な様式・技法がみられる像。卵形を呈する頭部、通肩(つうけん)にまとった衣が体軀(たいく)に密着し、胴部と両大腿部の前面で放物線状の衣文が反復される形式などは直接的には唐代彫刻の影響を受けたものだが、中央アジアから東アジア全域に広がった、仏像の定型的な表現といえる。頭頂から両足下の枘(ほぞ)までを一鋳するとみられ、八花形で格狭間(こうざま)をもつ台座は反花(かえりばな)以下を別鋳とする。像本体は背面三ヶ所に杏仁(きょうにん)形のハバキ(型持(かたもち))を設けており、中型土(なかごつち)がきれいにかき出され、両足後方の裳裾(もすそ)の底が抜けている。

なら仏像館 名品図録. 奈良国立博物館, 2010, p124, no.169.

作品所在地の地図

関連リンク

如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音菩薩立像
薬師如来坐像
菩薩立像
不動明王立像
仙盞形水瓶
ページトップへ