金銅如来立像 こんどうにょらいりつぞう

金属像 / 新羅 / 朝鮮半島 

朝鮮半島
統一新羅時代
高さ24.3cm
1躯
佐賀県立名護屋城博物館

 新羅の仏教は中国仏教の影響が強く見られ、特に8世紀代は中国盛唐の仏像の様式がもたらされた。大きめの角張った顔、やや張った肩、くっきりした眉の線、口元の繊細な微笑、左右対称でありながら重厚で動的な印象を与えている点が9世紀後半の新羅仏の特徴をよくあらわしている。

作品所在地の地図

関連リンク

金銅如来立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

如来立像
如来坐像
銅造如来立像
如来立像
菩薩立像
ページトップへ