東福寺常楽庵 塔司寮(書院) とうふくじじょうらくあん たっすりょう(しょいん)

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸後期/182
桁行16.0m、梁間12.0m、一重、入母屋造、西面庇付、東面集会の間・
西面玄関・南面東西客殿間廊下附属、桟瓦葺、東面昭堂に接続、
北面西寄り庫裏に接続
1棟
京都府京都市東山区本町十五丁目
重文指定年月日:19971203
国宝指定年月日:
東福寺
重要文化財

東福寺の中心伽藍の北方に位置する。東福寺の開山である円爾(えんに)を祀る開山塔院である。現在の建物は文政2年(1819)炎失後の再建で、文政6年から7年まで開山堂・昭堂、塔司寮、庫裏がほぼ整えられ、文政9年に全域が竣工している。各建物が広い庭を囲むように建つ配置構成に特徴があり、なかでも開山堂・昭堂は上部に楼閣風の伝衣閣(でんねかく)をもつ点が珍しく、内部の構成にも見るべきものがある。

作品所在地の地図

関連リンク

東福寺常楽庵 塔司寮(書院)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東福寺常楽庵 客殿(普門院)
東福寺常楽庵 楼門
東福寺常楽庵 庫裏
東福寺常楽庵 開山堂・昭堂
東福寺常楽庵 鐘楼
ページトップへ