下北の能舞 しもきたののうまい

その他の画像全10枚中10枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

指定年月日:19890320
保護団体名:下北の能舞保存連合会 東通村郷土芸能保存連合会能舞部門,むつ市能舞保存会,横浜町郷土芸能保存会能舞部門
備考:
重要無形民俗文化財

 これは下北郡東通村を中心に下北半島の各地で盛んに行われてきた獅子神楽の一つで、もとは山伏修験が伝えていたものである。
 かつて霊場恐山【おそれざん】の修験山伏が旦那場(霞【かすみ】という)を祈祷してまわった折に舞っていたものが、後に各村々の農漁民の間に普及し、近年まで、東通村の各集落をはじめ近隣の市町村の二、三〇か所で行われてきており(大利【おおり】系、田屋【たや】系、鹿橋【ししばし】系の三つの師系がある)、地域の生活に密着したものとして今日に伝承されてきたものである。なお、能舞の名は菅江真澄【すがえますみ】の著書に言及されていることから、すでに江戸時代後期には一般的に使われていたものとみなされている。
 青年会に加入した若者は十二月になると長老、師匠から厳しい舞の稽古等を受ける習わしであり、これが各地域における大切な成人教育の機会とされていた。正月の祝いに各所で舞のわざが競われるほか、新築祝、結婚式、年祝【としいわ】いなどにも舞われる。
 舞の演目には祈祷のための「権現舞【ごんげんまい】」(獅子舞)、儀礼舞としての「鳥舞【とりまい】」「かご舞」「翁」「三番叟」「ばんがく」、武士舞としての「信夫【しのぶ】」「十番切【じゆうばんぎり】」「渡辺」「鈴木」「曽我兄弟」「鞍馬」「屋島」「巴御前【ともえごぜん】」、人間と鬼畜とが絡みあうストーリーの「鐘巻【かねまき】」「きつね舞」、道化舞(どけ舞と称す)の「蕨折【わらびおり】」「天女【てんによ】」「ねんず」「雀追【すずめおい】」「田植」「地蔵舞」「年始舞」「綱引」「出子助【でこすけ】」などがあり、…

関連リンク

下北の能舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

煤孫の大乗神楽
円万寺神楽
下長磯の式三番
種子島南種子の座敷舞
越中の稚児舞
ページトップへ