志太郡衙跡 しだぐんがあと

その他の画像全5枚中5枚表示

史跡 / 中部 

静岡県
藤枝市南駿河台
指定年月日:19801022
管理団体名:藤枝市(昭56・1・14)
史跡名勝天然記念物

S54-12-030[[志太郡衙跡]しだぐんがあと].txt: 本遺跡は、駿河湾の西岸、大井川の形成する三角州の北縁を限る丘陵地の一角にあり、丘陵によって東西と南側を囲まれた一つの谷地形の中に占地している。谷の規模は、谷口で幅約100メートル、奥行約150メートルの規模をもつが、谷口部分は微高地を形成し、奥部が低湿地となっている。
 遺構はこの谷口の微高地上に集中しており、掘立柱建物30のほか、井戸・板塀・道路などがみとめられる。建物は東西あるいは南北に棟の方位をそろえ、一見して官衙風に整然とした配置をとっているが、これらは、柱穴の重複関係や柱穴からの出土土器により、およそ8世紀前半から9世紀前半にかけて3期にわたって造替がくりかえされたものとみとめられる。建物群の西半部には規模の大きい東西棟を中心として、井戸をもつ広場や脇殿様の南北棟が展開し、本遺跡の中枢部分を構成しているものと推定される。建物群東半部の東辺及び南辺は土塁状施設あるいは板塀によって囲まれるが、ここには8世紀後半以降、倉庫及び雑舎様の建物が密集して建ち並び、また東南隅には柵で小区画をもうけ廂付建物を配置している。南辺の板塀の外側に沿って幅4〜6メートルの道路がある。板塀の西端に開く門を経て建物群中枢部に通じたものと考えられ、礫がまばらに敷かれている。道路の南側は沼沢地ないし池となっており、道路南縁には護岸の杭が打ち込まれている。
 本遺跡からは、[[土師器]はじき]・須恵器・緑釉陶器・灰釉陶器・[[曲物]まげもの]・漆器・木製農具・人形・斎串・木簡などの多量の遺物が出土している。とりわけ注目されるのは、「志太…

作品所在地の地図

関連リンク

志太郡衙跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

根岸官衙遺跡群
仙台郡山官衙遺跡群<BR/> 郡山官衙遺跡<BR/> 郡山廃寺跡
十三宝塚遺跡
高瀬遺跡
東山官衙遺跡
ページトップへ