大楽寺本堂 だいらくじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 中部 

富山県
明治/1879
土蔵造平屋建,瓦葺,建築面積263㎡
1棟
富山県射水市立町2-9
登録年月日:19970612
大楽寺
登録有形文化財(建造物)

桁行7間、梁間11間と大規模な土蔵造の本堂。屋根は切妻造、桟瓦葺になる。平面は浄土宗本堂の伝統的な様式を踏襲しており、奥行きの深い構成になる。正面の向拝は明治22年の改築で、獅子頭はじめ柱や虹梁を漆喰塗とする精巧な構えとなり見応えがある。

作品所在地の地図

関連リンク

大楽寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

養照寺本堂
教證寺本堂
大楽寺庫裏
西教寺正教蔵
慈願寺経蔵
ページトップへ