並河家住宅土蔵 なみかわけじゅうたくどぞう

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸/1751-1829
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積21㎡
1棟
大阪府貝塚市北町8-1
登録年月日:20030318
登録有形文化財(建造物)

並河家の敷地は願泉寺前面の街路に面し,間口8間半,奥行21間の短冊形を呈する。土蔵は敷地のほぼ中央,主屋の背後にあり,敷地の間口方向に棟を置く切妻造本瓦葺,2階建てで,主屋側の西面に入り口を開く。敷地の構成要素として評価できる。

作品所在地の地図

関連リンク

並河家住宅土蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

並河家住宅主屋
山田家住宅主屋
亘家住宅土蔵
宇野家住宅西土蔵
吉村家住宅道具蔵
ページトップへ