羽村の民家(旧下田家)とその生活用具 はむらのみんか(きゅうしもだけ)とそのせいかつようぐ

その他の画像全8枚中8枚表示

有形民俗文化財 / 関東 

東京都
1棟,1,210点
羽村市羽741番地
指定年月日:19840522
管理団体名:
備考:内訳:衣生活33点 食生活144点 住生活23点 農耕38点 漁撈17点 養蚕358点 紡織193点 諸職30点 交易15点 信仰302点 民俗知識35点 その他22点…
羽村市
重要有形民俗文化財

 羽村は、武蔵野台地の西端、多摩川の河岸段丘上に位置する集落である。
 民家は、下田家本家の母屋として、江戸期の弘化4年(1847)に創建されたもので、昭和54年に旧羽村町に寄贈された。桁行13.50m、梁間7.27mの入母屋造、茅葺で、典型的な広間型の平面形式をとっている。
 生活用具は、民家とともに一括寄贈されたもので、衣食住の用具から生産関係用具、信仰・儀礼関係用具まで多岐にわたる。
 この地方の農家の生活様式や生業形態をよくうかがうことができるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

羽村の民家(旧下田家)とその生活用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白峰の出作り生活の用具
白山麓の積雪期用具
上州藤原(旧雲越家)の生活用具及び民家
山木遺跡の生産・生活用具
明方の山村生産用具
ページトップへ