明治天皇・皇后陛下肖像写真 めいじてんのう・こうごうへいかしょうぞうしゃしん

その他の画像全2枚中2枚表示

その他の美術  写真 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

内田九一 (1844-75年)
うちだくいち
明治6年/1873年
鶏卵紙 台紙付写真
竪10.0cm 横6.3cm
1枚
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

最初に明治天皇・皇后両陛下を謹写したのは内田九一である。弘化3年長崎に生まれた九一は上野彦馬のもとで修行、慶応2年(1866)に横浜馬車道で開業したのち、明治2年浅草瓦町で写場を開業し、ここを本拠地として活動したという。明治6年に撮影された肖像は名刺判写真で四隅に唐草を描いた台紙及び鶏卵紙の裁ち方は非常に雑である。台紙裏面は無地で写真館は分らないが、内田九一撮影と同じ肖像。ただ、東京都写真美術館蔵の明治天皇像とは手足の位置が異なる。

作品所在地の地図

関連リンク

明治天皇・皇后陛下肖像写真チェックした作品をもとに関連する作品を探す

洋行前の鍋島直大像
鍋島直正肖像写真(慶応二年)
上野彦馬写場で撮影の鶏卵写真
鍋島建子(筆姫)像
鍋島建子(筆姫)像

小豆沢亮一

鍋島直大御一家
鍋島直大御一家

丸木利陽

ページトップへ