文化遺産オンライン

成法寺観音堂

じょうほうじかんのんどう

作品概要

成法寺観音堂

じょうほうじかんのんどう

宗教建築 / 室町 / 東北

福島県

室町後期/1504-1520頃

桁行三間、梁間三間、一重、寄棟造、茅葺

1棟

福島県南会津郡只見町大字梁取字仏地

重文指定年月日:19630701
国宝指定年月日:

成法寺

重要文化財

やはり小規模な堂で、桃山時代初期の建立と考えられる。交通不便な地に残るものそして意義がある。

成法寺観音堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

福島 / 観音堂 / / 一重

関連作品

チェックした関連作品の検索