黒漆塗粟ニ群雀鳴子文様蒔絵小鼓 くろうるしぬりあわにぐんじゃくなるこもんようまきえこつづみ

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
木製 漆塗 蒔絵
長25.4cm 鼓面径20cm
1個
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

山桜製黒漆塗蝋色仕上げ、内部の受に縦筋カンナを刻み、巣間は磨地とする。内部の構造は、乳袋の中の海が広く、巣間が短く室内演奏用に作られた鼓胴であることが窺える。外面には風にそよぐ粟に鳴子、群がり威嚇しあう雀などを蒔絵する。鳴子に雀模様は「大きな音を立てる」意味を持つことから、鼓胴に好まれた図柄である。

作品所在地の地図

関連リンク

黒漆塗粟ニ群雀鳴子文様蒔絵小鼓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗八重桜ニ蕗蒔絵小鼓
黒漆塗杏葉紋散柄鏡箱
黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠
龍笛 銘 八千代(筒・袋共)
南天に雀蒔絵印籠
ページトップへ