松本街道 まつもとかいどう

史跡 / 中部 

新潟県
糸魚川市
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

松本街道は,北陸道の脇街道で,越後糸魚川から信州松本に至る。信州街道,千国街道ともいい,信州側では糸魚川街道と呼んだ。姫川渓谷をさかのぼる全長約120kmの峻険な山越えの道で,日本海側からは塩や海産物が,信州側からは大豆・煙草・生薬・綿・麻などが牛やボッカの背で運ばれた。この街道は,別名「塩の道」とも呼ばれ,塩をはじめ,街道周辺の人々の生活物資の輸送路として重要な役割を果たした。
 越後の戦国大名であった上杉謙信は,道沿いに番所の設置と信州問屋制度を設けて,街道を管理しつつ塩の自由交易を保障しており,塩留めに苦しむ武田信玄に塩を送った俗説故事のもととなった。また,江戸時代の記録としては,糸魚川領の番所における「扱い荷駄記録」などが現存しており,これによると,例えば,安政5年(1858)12月から翌6年11月までの間の信州へ送る荷と信州から入る荷の割合は,概ね10対1であり,輸送物資のほとんどは,塩をはじめとする海産物で占められていたことがわかる。このほか,明治2年(1869)に番所,信州問屋が廃止されるまでの街道関係資料も良好に残されている。
 明治25年(1892)の新道開通により,古来から続いた北陸道の脇街道としての役割を終えたが,林業用道路など地域住民の生活の道として利用され続けたために,古道の遺存状態は良好である。新潟県教育委員会による「歴史の道」調査が平成2年に実施され,文化庁補助事業による「歴史の道整備事業」が平成4年度から11年度に行われた。糸魚川市域の松本街道は全長約20kmに及ぶが,大野地区と根知地区の山道の約10kmが旧状を良く…

作品所在地の地図

関連リンク

松本街道チェックした作品をもとに関連する作品を探す

越後姫川谷のボッカ運搬用具コレクション
下野街道
松之山街道
豊後街道
中付駑者の習俗
ページトップへ