伽耶院 多宝塔 がやいん たほうとう

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
江戸前期/1648
三間多宝塔、本瓦葺
1基
兵庫県三木市志染町大谷
重文指定年月日:19750623
国宝指定年月日:
伽耶院
重要文化財

伽耶院は法道上人の開創と伝える天台宗寺院で、慶長十四年(一六〇九)に焼失したあと再興されたのが現在の伽藍である。 本堂は慶長十五年、多宝塔は正保五年の建立になり、三坂明神社本殿もその頃の建立で当時の鎮守社である。 これらは近世再興時の主要建物でよく時代の特色を示している。 なお、本堂内宮殿も同時代のものである。

作品所在地の地図

関連リンク

伽耶院 多宝塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伽耶院 本堂
伽耶院 三坂明神社本殿
伽耶院 本堂 多宝塔 三坂明神社本殿
酒見寺多宝塔
徳光院多宝塔
ページトップへ