文化遺産オンライン

酒見寺多宝塔

さがみでらたほうとう

作品概要

酒見寺多宝塔

さがみでらたほうとう

宗教建築 / 江戸 / 近畿

兵庫県

江戸中期/1662

三間多宝塔、一重本瓦葺、二重檜皮葺

1基

兵庫県加西市北条町

重文指定年月日:19750623
国宝指定年月日:

酒見寺

重要文化財

酒見寺は行基菩薩の開創と伝える真言宗の寺院で、天正年間兵火にあって焼亡し、そのあと再興されたのが現在の伽藍であるという。 多宝塔は相輪伏鉢の刻銘などから寛文二年の建立と思われる。 この塔は大型で安定した外観をもち、構造手法が正統的で古風なところが見られ、この時代の多宝塔としては重要な遺構である。

関連作品

チェックした関連作品の検索