来迎院多宝塔 らいごういんたほうとう

宗教建築 / 室町 / 関東 

茨城県
室町後期/1556
三間多宝塔、こけら葺
1基
茨城県龍ケ崎市馴馬町
重文指定年月日:20061219
国宝指定年月日:
来迎院
重要文化財

 来迎院は,弘治2年(1556)頃に境内が整えられた天台宗寺院で,多宝塔も同時期に建てられた。
 多宝塔は,下層を方三間とし内部に須弥壇が置かれ,上層を円形平面とし腰組付の縁を廻らし,こけら葺の屋根の上に相輪を戴く。当地で活躍していた前嶋大工の手になり,同大工による薬王院本堂(水戸市,重要文化財)などと共通する意匠をもつ。
 来迎院多宝塔は,均整の取れた外観で,北関東地域における室町期の特徴を細部に良く示す多宝塔として,高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

来迎院多宝塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大威徳寺多宝塔
伽耶院 多宝塔
石堂寺 本堂
石堂寺 多宝塔
伽耶院 本堂 多宝塔 三坂明神社本殿
ページトップへ