宴席用一の膳 えんせきようのいちのぜん

漆工 

江戸時代後期
漆器、磁器
1組

名主などその地域の有力な家では、多くの宴会が自宅で開かれた。こうした膳が座敷いっぱいに並べられたことであろう。公式な宴席の膳はこのような宗和膳(そうわぜん=茶人金森宗和が広めた形式)が用いられ、飯・汁・なます・煮物・香のものの五品を載せたのが一の膳(本膳)のかたちである。中野区内旧名主家の伝世品。

作品所在地の地図

関連リンク

宴席用一の膳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

婚礼用一の膳
松樹文五段重
古伊万里 段重ね
古伊万里 蛸唐草文壺
江古田獅子舞巡行絵巻
ページトップへ