文化遺産オンライン

松樹文五段重

しょうじゅもんごだんじゅう

作品概要

松樹文五段重

しょうじゅもんごだんじゅう

漆工

江戸時代後期

漆器

口径25×23.5×高さ45.5

1組

蒔絵(まきえ)を使った五段重ねの重箱。江戸時代には大名など有力者の下で豪華な重箱が作られた。これは二面にわたり豪壮な松が描かれている。中野区内旧名主家の伝世品。

松樹文五段重をもっと見る

山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館をもっと見る

キーワード

旧名 / 主家 / 区内 / 中野

関連作品

チェックした関連作品の検索