松樹文五段重 しょうじゅもんごだんじゅう

漆工 

江戸時代後期
漆器
口径25×23.5×高さ45.5
1組

蒔絵(まきえ)を使った五段重ねの重箱。江戸時代には大名など有力者の下で豪華な重箱が作られた。これは二面にわたり豪壮な松が描かれている。中野区内旧名主家の伝世品。

作品所在地の地図

関連リンク

松樹文五段重チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古伊万里 段重ね
古伊万里 段重ね
宴席用一の膳
輸入磁器(染付碗)
婚礼用一の膳
ページトップへ