川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋 かわぐちしぼしふくしせんたー(きゅういものどんやなべへいべってい)しゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 関東 

埼玉県
明治/1912頃/1927頃増築
木造2階建、瓦葺、建築面積200㎡
1棟
埼玉県川口市金山町15-2
登録年月日:20011012
社会福祉法人川口市社会福祉事業団
登録有形文化財(建造物)

鋳物問屋嶋崎家の別邸として建設された。数度による増改築により複雑な平面・外観を呈すが,玄関から東半の1階部分が創建当初の箇所である。座敷は床,棚,書院を備えた本格的な構えで,亀甲模様の書院窓や透彫り欄間など,数寄屋風の凝った意匠で飾る。

作品所在地の地図

関連リンク

川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)離れ
川口市母子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)蔵
永瀬昌文家住宅主屋
木下半助商店主屋
永瀬孝男家住宅洋館
ページトップへ