池永家住宅主屋 いけながけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸/1661-1750/1868-1911改造
木造2階建、瓦葺、建築面積161㎡
1棟
大阪府大阪市西淀川区野里1-26-8
登録年月日:20011120
登録有形文化財(建造物)

大阪市北西部,淀川河口付近にある豪農の家柄で,主屋は18世紀中期頃を骨格とし,文化年間の増改築を経て明治中期に現在の形となった。柱や土間の梁組など古民家の要素をよく残し,桟瓦葺・2階建の雄大な外観は,今なおかつての農村景観を彷彿とさせる。

作品所在地の地図

関連リンク

池永家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

池永家住宅内蔵
池永家住宅離れ
池永家住宅長屋門
池永家住宅米蔵・道具蔵
兒山家住宅主屋
ページトップへ