中村家住宅門及び塀 なかむらけじゅうたくもんおよびへい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 中部 

長野県
大正/1912-1925
門 木造、鉄板葺、間口1.2m、塀 木造、鉄板葺、延長4.4m
1棟
長野県安曇野市三郷温2517-2
登録年月日:20060327
登録有形文化財(建造物)

主屋と表土蔵をつないで建ち,門は間口1.2m規模の棟門で,切妻造,鉄板葺で,塀は門の両側に延べ1.7mが付属し,さらに表土蔵までは高塀2.7mとし,腰を竪板張りとする。主屋前庭と中庭を区切る門と塀は中信地方の本棟造に付属して多くみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

中村家住宅門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田中家住宅門及び塀
矢吹家住宅庭門及び内塀
伊原家住宅門及び塀
宮澤家住宅腕木門
新井家住宅中門及び塀
ページトップへ