圓福寺の木造阿弥陀如来立像及び両脇侍像 えんぷくじのもくぞうあみだにょらいりゅうぞうおよびりょうわきじぞう

その他の画像全8枚中8枚表示

江戸 / 関東 

光世上人
埼玉県
江戸前期
木彫
(中尊)像高52.3㎝、面張6.5㎝、肩張12.1㎝、光背高58.4㎝、台座光24.2㎝、(観音)像高19.3㎝、(勢至)像高29.3㎝
3躯
春日部市一ノ割30番17号
春日部市指定
指定年月日:20120327
宗教法人 圓福寺 代表役員 池田常臣
有形文化財(美術工芸品)

中尊体部は鎌倉~南北朝時代に比定され、頭部や胸板部、両手足先は江戸時代(光世上人)の補作である。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

圓福寺の木造阿弥陀如来立像及び両脇侍像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

崇蓮寺の木造青面金剛像
崇蓮寺の木造青面金剛像

崇蓮寺開山上人(忍誉誾瑞)

旧荘厳寺木造阿弥陀三尊立像
銅像阿弥陀如来及び両脇侍立像
木造阿弥陀如来及び両脇侍立像<BR/> 附 観音菩薩像内納入品<BR/>    阿弥陀如来印仏       十五枚<BR/>   勢至菩薩像内納入品<BR/>    阿弥陀如来印仏 包紙添   十一枚<BR/>     内一枚に弘安八年二月の記がある<BR/>   阿弥陀如来像内納入品(追納)<BR/>    一、台座光背寄進状 包紙添  一通<BR/>    一、位牌           一柱<BR/>
西方寺 木造 阿弥陀如来立像
ページトップへ