鉄黒漆塗紺糸縅異製最上胴具足(伝上杉景勝所用) 鉄黒うるしぬりこんいとおどしいせいもがみどうぐそく

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 安土・桃山 / 新潟県 

新潟県立歴史博物館

上杉謙信のあと、家督を継いだ景勝が用いていたと伝えられる甲冑です。兜の裏側に「永禄六年八月吉日」という文字が刻まれています。このとき上杉景勝はまだ8歳でしたので、上杉謙信の時代に作られた甲冑といえます。卍の下に猪(摩利支天)が彫られた大型の前立ても注目できます。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄黒漆塗紺糸縅異製最上胴具足(伝上杉景勝所用)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆五枚胴具足〈兜・小具足付/(伊達政宗所用)〉
紺糸威胸白鳳凰文二枚胴具足
上杉家文書
紺糸威南蛮胴具足
坂戸城跡
ページトップへ