厨房具 ちゅうぼうぐ

絵画  油彩画 / 明治 / 日本 

高橋由一 (1828-1894年)
たかはしゆいち
1878~79年
画布,油彩
42.3 x 60.5cm,57.7 x 77.0cm

 下野国(現栃木県)佐野藩士の嫡子として江戸に生まれる。初め狩野派に学ぶが、嘉永年間(1848-54)に洋製石版画を見たのを契機に洋画に転向した(一説に文久元-2年(1861-62))。1862年にハ蕃書調所画学局に入所し、川上冬崖の指導を受けるかたわら、1866年にはワーグマンに師事した。1873年私塾天絵楼を創設し、後進の指導にあたった。同時に月例展示会を開催し、代表作《花魁図》や《鮭図》などを出品した。また1880年から翌年にかけて、金刀比羅宮奉納の油彩画を制作。その後、《山形市街図》など東北地方の一連の風景画を描いた。美術雑誌の発行、美術館創設の請願など、美術の普及にも尽力した近代日本洋画の開拓者である。

作品所在地の地図

関連リンク

厨房具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

不忍池
不忍池

高橋由一

風景
風景

川上冬崖筆

洋人捕象
洋人捕象

高橋由一筆

梅花静物
梅花静物

安藤仲太郎

花卉図
花卉図

川上冬崖+藤堂凌雲

ページトップへ