四国村金毘羅石燈籠 しこくむらこんぴらいしどうろう

近代その他 / 江戸 / 中国・四国 

香川県
江戸/1794
石造、高さ3.0m
1基
香川県高松市屋島中町77-3
登録年月日:20000428
財団法人四国民家博物館
登録有形文化財(建造物)

もと香川県綾歌郡国分寺町新名石舟に所在。高い石積基壇と四段積の台座の上に建つ江戸後期の石灯籠で、意匠は「常夜燈」よりも簡素であるが、正面に「金毘羅大權現」と刻し、金毘羅街道の道標としての格を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

四国村金毘羅石燈籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四国村常夜燈
四国村石舟のアーチ橋
四国村福井家の石蔵
四国村久米通賢先生旧宅主屋
山田家(旧清酒源氏正宗醸造元)灯篭
ページトップへ