文化遺産オンライン

北政所黒印状

きたのまんどころこくいんじょう

作品概要

北政所黒印状

きたのまんどころこくいんじょう

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 文書・書籍 / 安土・桃山 / 日本

幸蔵主奉書

こうぞうす

桃山時代/天正十八年(1590)111月24日付

紙本墨書

縦28.6cm 横30.2cm

1幅

有馬中務少輔則頼宛

豊臣秀吉の室、北政所所用の黒印を据えた仮名消息。実際の差出人(筆者)は、豊臣家の奥女中筆頭として北政所の信任の厚かった幸蔵主である。北政所が有馬則頼に貸してあった黄金5枚の返却を証した、ごく事務的な受取状ではあるが、のびのびと力強く自在な筆運びからは、この有能な女性の息づかいが伝わってくるようである。

北政所黒印状をもっと見る

幸蔵主奉書をもっと見る

名古屋市博物館をもっと見る

キーワード

秀吉 / 豊臣 / 朱印 / 天正

関連作品

チェックした関連作品の検索