肘折砂防堰堤 ひじおりさぼうえんてい

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 東北 

山形県
昭和中/1952
重力式コンクリート造堰堤、堤長182m、堤高11m、副堰堤付
1基
山形県最上郡大蔵村大字南山字肘折地内
登録年月日:20090807
国(国土交通省)
登録有形文化財(建造物)

最上川水系銅山川の中流域、肘折温泉の上手に築かれた砂防堰堤。堤長182m、堤高11m、下流法勾配2分、表面谷積とした重力式コンクリート造堰堤で、約50m下流に副堰堤を設ける。国直轄事業により建設され、今も温泉街を土砂災害から守り続ける。

作品所在地の地図

関連リンク

肘折砂防堰堤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

足洗谷第一号砂防堰堤
荒川第二堰堤
山神砂防堰堤
岩坪谷第一号砂防堰堤
榛名川上流砂防堰堤
ページトップへ