Takarakejuutaku

高良家住宅(沖縄県島尻郡座間味村)

Details

Takarakejuutaku

高良家住宅(沖縄県島尻郡座間味村)

住居建築 / 明治 / 沖縄

沖縄県

明治/1868-1911頃

桁行12.7m、梁間8.7m、寄棟造、本瓦葺、玄関附属

1棟

沖縄県島尻郡座間味村字慶留間62番

重文指定年月日:19880511
国宝指定年月日:

座間味村

重要文化財

この住宅は、那覇の西方約四〇キロメートルに位置する慶良間列島の慶留間島にある。琉球王府時代には船頭職を勤めた旧家である。初め草葺であったが、大正年間に沖縄特有の赤瓦に葺き変えた。炊事場を独立した建物とせず主屋内に設けた民家の好例である。主屋を取り囲む石垣、樹木など環境もよく、沖縄離島の民家として価値が高い。

Related Works

Search items related to work chosen