本徳寺中宗堂 ほんとくじちゅうそうどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 近畿 

兵庫県
明治/1898
木造平屋建、瓦葺、建築面積155㎡
1棟
兵庫県姫路市亀山324
登録年月日:20030131
宗教法人本徳寺
登録有形文化財(建造物)

入母屋造平入の前室と,重層宝形造の後室を複合させた堂宇。前室には向拝1間を備え,全体を本瓦葺とする。江戸末期に焼失した前身堂を再建したもの。九世伊藤平左衛門の作。現存例の少ない中宗堂のひとつで,内陣と外陣を備える本格的複合仏堂の好例である。 

作品所在地の地図

関連リンク

本徳寺中宗堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大念佛寺本堂
清水寺根本中堂
正法寺観音堂
斑鳩寺聖徳殿中殿
安楽寺本堂
ページトップへ