真宗大谷派姫路船場別院本徳寺行在所 しんしゅうおおたにはひめじせんばべついんほんとくじあんざいしょ

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
江戸/1830~1868
木造平屋建、瓦葺、建築面積180㎡
1棟
兵庫県姫路市地内町1-1
登録年月日:
宗教法人真宗大谷派姫路船場別院本徳寺
登録有形文化財(建造物)

明治天皇の行在所となった御殿で、境内西辺に南面して建つ。桁行六間梁間五間半、入母屋造桟瓦葺で、四周に銅板葺下屋を廻す。内部の中心をなす玉座の間は付書院に天袋と違棚を配した奇抜な座敷飾をもつ。端正な意匠と造作で整えられた寺院附属の住宅建築。

関連リンク

真宗大谷派姫路船場別院本徳寺行在所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

方広寺行在所
姫路文学館望景亭(旧濱本家住宅)和室
上月家住宅北離座敷
魚橋家住宅離れ座敷
方広寺半僧坊拝殿
ページトップへ