文化遺産オンライン

神宮祭主職舎本館(旧慶光院客殿)

じんぐうさいしゅしょくしゃほんかん(きゅうけいこうえんきゃくでん)

作品概要

神宮祭主職舎本館(旧慶光院客殿)

じんぐうさいしゅしょくしゃほんかん(きゅうけいこうえんきゃくでん)

住居建築 / 江戸 / 近畿

三重県

江戸前期/1601-1700

桁行23.3m、梁間18.5m、一重、入母屋造、妻入、中門及び車寄附属、
中門切妻造、庇附属、車寄唐破風造、本瓦、檜皮及び銅板葺

1棟

三重県伊勢市宇治浦田一丁目1番29号

重文指定年月日:20021226
国宝指定年月日:

神宮

重要文化財

神宮祭主職舎は,五十鈴川沿いの内宮門前町に所在する神宮祭主のための施設である。
 神宮祭主職舎本館は,明治初期に廃寺となった旧慶光院の客殿で,様式的に江戸前期の建築とみられる。入母屋造,本瓦葺で,南面東端に中門を設けた,いわゆる主殿の様式を残す数少ない遺構である。
 大規模で木太く,本瓦葺で大きな破風を正面に見せる,重厚なつくりで,対面の場として完成された空間構成をもっている。近世初期に遡る正統かつ本格的な客殿として,貴重である。

関連作品

チェックした関連作品の検索