小林家住宅(京都府相楽郡山城町) こばやしけじゅうたく

その他の画像全4枚中4枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸中期/1665
桁行17.9m、梁間11.1m、切妻造、茅葺、四面庇付、桟瓦葺、東面便所附属
1棟
京都府木津川市山城町大字上狛小字東林1番地1
重文指定年月日:20031225
国宝指定年月日:
重要文化財

小林家住宅は,京都府南部,木津川が大きく湾曲して方向を変える地点の右岸にある。永正3年(1506)に摂津から当地に移住し,近世には,所在する村に設けられた禁裏御料にかかる庄屋を務めていた。
 主屋は南面して建ち,切妻造,茅葺で,四面に桟瓦葺の庇を廻らす。普請に係わる文書の『家之普請合力覚』から,寛文5年(1665)の建築と考えられる。
 小林家住宅は,年代が明確な民家として最古級に属し,建築時の普請関係文書が残り,民家史の指標となるものとして重要である。
 発達した整形四間取りの平面としながら,一間間隔に立つ柱や突止め形式の柱間装置など古式の要素も備え,全国的に貴重な遺構といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

小林家住宅(京都府相楽郡山城町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 主屋
上時国家住宅(石川県輪島市町野町) 主屋
旧松原家住宅主屋
旧田口家住宅(旧所在 岐阜県益田郡金山町)
行永家住宅(京都府舞鶴市小倉) 新蔵
ページトップへ