猿猴庵合集 五編「泉涌寺開帳」「嵯峨開帳」 えんこうあんごうしゅう せんゆうじかいちょう さがかいちょう

その他の画像全2枚中2枚表示

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本 

高力種信(猿猴庵。1756~1831)著・画
こうりきたねのぶ(えんこうあん)
「泉涌寺開帳」江戸時代中期/天明五年(1785)2月写、「嵯峨開帳」江戸時代後期/文政二年(1819)4月写
自筆本 袋綴装
縦26.8cm 横18.4cm
1冊

この両図は、江戸時代後期に名古屋で頻繁に行われた開帳の様子を記録した絵本の一場面である。展示品はもとより、絵解師の口上をそのまま余白に書き入れたり、観客の表情にも注意を払うなど、会場の雰囲気が具体的に伝わってくる。著者は中級の尾張藩士。

作品所在地の地図

関連リンク

猿猴庵合集 五編「泉涌寺開帳」「嵯峨開帳」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北斎大画即書細図
北斎大画即書細図

高力種信著

東街便覧図略
東街便覧図略

高力種信編・画

尾張名所図会 前編
尾張名所図会 前編

岡田啓・野口道直編 小田切忠近(春江)他画

住吉蒔絵硯箱
住吉蒔絵硯箱

山本春正作

尾張国産物
尾張国産物

尾張藩撰

ページトップへ