北斎大画即書細図 ほくさいたいがそくしょさいず

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本 

高力種信著
こうりきたねのぶ
江戸時代後期/文化十四年(1817)10月成立
転写本 袋綴装
縦24.4cm 横18.2cm
1冊

百二十畳敷の大紙に、藁を束ねた特大の筆で大達磨を描くというイベントが、二百年ほど前の名古屋で行われた。立役者は、たまたま名古屋に寄宿していた浮世絵師の葛飾北斎。このセンセーショナルな見せ物の逐一を綴ったのが、この絵本である。この絵本の細密さには北斎も感心して、著者猿猴庵に芋の絵を贈っている。

作品所在地の地図

関連リンク

北斎大画即書細図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

猿猴庵合集 五編「泉涌寺開帳」「嵯峨開帳」
猿猴庵合集 五編「泉涌寺開帳」「嵯峨開帳」

高力種信(猿猴庵。1756~1831)著・画

葛飾北斎書状
東街便覧図略
東街便覧図略

高力種信編・画

東海道五十三次 絵本駅路鈴
北斎狂画 初編全
ページトップへ