文化遺産オンライン

東海道名所一覧

とうかいどうめいしょいちらん

作品概要

東海道名所一覧

とうかいどうめいしょいちらん

絵図・地図 / 江戸

葛飾北斎  (1760-1849)

かつしかほくさい

江戸時代、文政元年/1818年

木版色刷

43.6×58.4

1舗

南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:
・国木田明子「館蔵古地図の袋について-書林情報を中心に袋からわかる事-」(『神戸市立博物館研究紀要』第26号) 2010
・山本光正『街道絵図の成立と展開』臨川書店 2006.

画者は「富嶽三十六景」などで有名な葛飾北斎です。誇張された富士山、京を上にして江戸を下にした構図などは、東海道の一覧図によく見られる手法。色彩も美しく、東海道を描いた一覧図の中でも殊によい出来でしょう。北斎は広域を描く鳥瞰図として、ほかに「木曽名所一覧」「中国鳥瞰図」なども残しています。

【古地図】【江戸の絵画】

東海道名所一覧をもっと見る

葛飾北斎をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

南波 / 松太郎 / 神戸 / 市立

関連作品

チェックした関連作品の検索