寛文大坂図 かんぶんおおさかず

絵図・地図 / 江戸 

板元丸屋庄左衛門
江戸時代、寛文元年/1661年
木版手彩
91.5×58.8
1舗
南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:
・中村善則「航路図屏風考」(『神戸市立博物館研究紀要』第1号) 1984

大坂図の刊行は17世紀後半からはじまります。本図はそのなかでも早い時期である寛文元年(1661)に刊行された大坂図です。縦長の紙面の上部に大坂城が、その下部に島之内、船場、堀江などの町屋が続くように配置されています。大坂城周辺の京橋口定番下屋敷や玉造口定番下屋敷、東西町奉行屋敷などに記された在坂役人は古い情報を記載しており、刊記(奥付)に記された「寛文元年辛丑歳六月吉日」と一致しません。本図は印刷図でありながら現存が一点しか確認されていない、稀覯図です。

【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

寛文大坂図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寛文日本図
新板武州江戸之図
新板武州江戸之図

京六条河野道清開板

本朝図鑑綱目
本朝図鑑綱目

石川氏

船路絵図屏風
沿海地図
沿海地図

日官吉田勇太郎源秀賢謹誌 伊能勘解由謹図

ページトップへ