日本鳥瞰図 にほんちょうかんず

不明
江戸時代後期
手書手彩
67.0×213.4
1隻

鳥瞰図の手法と、日本図が結びついたのは、おそらく江戸時代後期。浮世絵師北尾政美(鍬形蕙斎)の日本絵図がその火付け役を果たしたと思われます。その背景には、地理書や地図などの刊行によって日本各地の地理的情報が一般に広まるようになってきたことがあげられるでしょう。
本図は地名表記も非常に豊富であり、朱線で街道を記し、城郭や日本近海に浮かぶ帆船を絵画風に描いています。


【名品2019】【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

日本鳥瞰図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本朝図鑑綱目
本朝図鑑綱目

石川氏

日本地図屏風
船路絵図屏風
東都名所全図(小形江戸名勝図シリーズ)
寛文日本図
ページトップへ