文化遺産オンライン

扇面散図

せんめんちらしず

作品概要

扇面散図

せんめんちらしず

絵画 / 江戸

葛飾北斎筆

江戸時代・嘉永2年(1849)

絹本着色

本紙 縦51.5 横71.4

1幅

銘文:九十老人卍筆(墨書)、「百」(白文方印)

北斎最晩年、90歳の作品。扇の地紙を、折りによる光の明暗を意識して色調を変えて立体的に描いている。極細密な描法と、背景から浮き上がるような不思議な立体表現は、北斎晩年の特徴であり、老いても衰えることのなかった作画への探究心がうかがえる。

扇面散図をもっと見る

葛飾北斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

北斎 / / 葛飾 /

関連作品

チェックした関連作品の検索