文化遺産オンライン

桜花に鷹

作品概要

桜花に鷹

絵画 / 江戸

葛飾北斎筆

江戸時代・19世紀

長大判 錦絵

1枚

「前北斎為一筆」の落款から、「冨嶽三十六景」などを描いた70歳代の作品と知られる。判型や落款を同じくする亀や鯉の図があり、吉祥画題として描かれたことが想像される。天保5年(1834)、75歳で出版された『富嶽百景』初編の袋に同じ姿の鷹が描かれている。

桜花に鷹をもっと見る

葛飾北斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

北斎 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索