曼陀羅寺正堂 まんだらじしょうどう

宗教建築 / 江戸 / 中部 

愛知県
江戸前期/1632
桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、向拝一間、軒唐破風付、檜皮葺
1棟
愛知県江南市大字前飛保
重文指定年月日:19570618
国宝指定年月日:
曼陀羅寺
重要文化財

曼陀羅寺は初め円福寺と称し、後醍醐天皇の勅願により創立した。正堂は当時紫宸殿に擬して建立したと伝えている。現存の建物は寛永九年の再建であるが、その平面や比較的簡素な構造意匠にはこのような由緒がうかゞわれ興味ある遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

曼陀羅寺正堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

六所神社 本殿、幣殿、拝殿
伊賀八幡宮 本殿、幣殿、拝殿
性海寺本堂及び宝塔 本堂
百済寺本堂
日御碕神社 日沈宮(下の宮)幣殿、拝殿
ページトップへ