Kehijinjanoemaichinoshuuzoku

氣比神社の絵馬市の習俗

Details

Kehijinjanoemaichinoshuuzoku

氣比神社の絵馬市の習俗

無形民俗文化財 / 東北

選定年月日:20090311
保護団体名:特定せず
備考:公開日:毎年7月第一土曜日・日曜日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『氣比…

記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この習俗は、古くから我が国有数の馬産地であった青森県南部地方に鎮座する氣比神社で、毎年7月第一土曜日・日曜日の例大祭に合わせて行われる絵馬市の習俗である。氣比神社は、「木ノ下のお蒼前様」とも呼ばれ、馬の守護神である蒼前神に対する信仰の拠点として古くから知られてきた。
 当日は早朝から境内に紙製の絵馬を売る店がでる。参詣者は、絵馬を購入すると、店先で自身が飼育する牛馬の細かい特色などを新たに描き込んでもらってから神社で祈祷してもらう。祈祷後、参詣者は絵馬を自家に持ち帰って馬屋や牛舎などに貼り、牛馬の健康や多産を祈願する。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

Related Works

Search items related to work chosen