海東諸国紀(写本) かいとうしょこくき(しゃほん)

その他の画像全13枚中13枚表示

文書・書籍 / 江戸 

江戸時代
縦27.5×横20.5cm
1冊

 李氏朝鮮の王に仕えた申叔舟が1471年に「海東諸国」、すなわち日本や琉球の歴史・地理・風俗・言語・通交などの実情を著したもので、本書はその写本。大友氏をはじめ、11名にも及ぶ「大友管下」の商人や武士たちの朝鮮との緊密な交易の内容が記されており、巻頭に収められた日本・琉球の地図には、当該期の主要な航路も白い筋で描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

海東諸国紀(写本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

海東諸国記
海東諸国記

原本:申叔舟

源頼朝書状
諸国奇観
諸国奇観

川上藤兵衛正澄

大日本六十余将之内、豊後大友刑部大輔氏時
中山伝信録
ページトップへ